■ななちゃんねる通信■

アクセスカウンタ

zoom RSS ■公文式■

<<   作成日時 : 2007/09/14 23:43   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

小学何年生からだったか忘れたけど、
確か中学にあがるかあがらないかぐらいまで、
公文式に通っていた。
公文式が浸透し始めの頃で、
あの頃は算数(数学)しか科目がなくて、
プリントもB6ぐらいの小さいサイズで、
まぁ、今考えるに結構簡素な教材だった気がする。

今の公文式もそうなのかどうか定かではないけれど、
とにかく同じ問題を何度も何度もやらせる方式で、
計算のタイムを記入して提出し、採点をもらうというのをやっていた。

先生が『もうこの問題は完璧にマスターしたでしょう!』と思ってくれるまで、
何度も何度もおんなじプリントをやる。
宿題もかなりたくさん溜め込んで、タイムもちょんぼして書いて出して・・・
とかなりいい加減な態度で臨んでいた公文式。

が、それはどうでもいい。

この『出来ないところを何度も繰り返してやる』というところに、少し注目な今日。
私、2年以上前から同じところで躓いてるのよ。ずっとずっと。
なんでまた!!!って思うぐらい、同じところで、だよ。

つまり、これはまだその事柄に対してマスターしてないってことなんだなと、
だから公文式のように、いっつもいっつもおんなじプリントやらされるんだなと、
つまり、自分の身にいつまで経ってもおんなじ問題が勃発するんだなと、
しみーじみ思ったさ。今日。
いや、思っているさ、今。現在進行形で。

公文は結局辞めた。
いつどうやって辞めたのか覚えてないけれど、
今現在習ってないということは、やはり過去に辞めた日というのがあったのだろう。
たいして結果も出ず、月謝をつぎ込んだだけで終わった公文式。
無駄といえば無駄だったな。


今回のし上がってきた問題も、辞めたい。
すっきりすっぱりと辞めたい。
きれいに辞めることができたそのとき、
この数年は無駄だったと、心底分かる気がするのだ。

ダラダラと続けていたのは、いつか何かあるんじゃないかと、
勝手な希望的観測が故。
だめだと分かりつつ、でも・・・と迷いに迷い、
結局、今まで無駄な月謝を払い続けて来たのだけれど、
もう、いい加減、気付いてそして行動しろ!態度で示せ!言葉で伝えろ!
と、
私の中の『怒り君』のインジケーターは赤く点灯したっぱなしなんだよな。

怒ってもいい?
ものっすごく怒ってもいい?
と自問自答するけれど、
私、そんなことしたら、ものすごく後悔するんだろうな。
きっと・・・・。
私、面と向かって自分の意見を言ったり、怒ったこと、あんまりないもの。
2回あるけれどね。
でもこれは非常に珍しいケース。
私が怒ったときはもう【THE・END】だから。
もう二度とその人に会わなくてよい。という場合において発令されるのだよね。

しかし、いい子ちゃんがまだまだ中央に鎮座していてね、
どうしても都合のいい、いい人になってしまうのね。

いかんいかん。
いかんのだが、どうしたらよかろう、とも思う。


・・・明日から3日間連続コンサート。
こんな気持ちを一掃して、頑張るわっ!!



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい
■公文式■ ■ななちゃんねる通信■/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる